【オススメ】SFファンタジーの新境地!漫画家市川春子が天才すぎて刺さりまくる−まとめ−


jitozu_ichikawaharuko_comic

私が、はじめに手にした“市川春子”作品は、『25時のバカンス』だった。

例のごとく、本屋でのジャケ買いだった。が、読んでびっくりたまげた。

こんな作品、見た事がない
3つの作品が収録されているのだが、

そのいずれもが、独特で、ものすごいオリジナリティにあふれた世界観だった。

引き込まれた。し、ズイズイ刺さった
こんな体感は、久しぶりだった。

そして、これは短編集であり、市川春子作品が世に出た2つ目の書籍だった。
ので、“他の作品を読みたい欲”が高まる。

がしかし、それから2年くらい、
『移住』やら、『新しい生活』やらの優先順位の消化で、頭から消えていたのだった…。

が、新アトリエの整理整頓で、お片づけをしている時に、再燃。
ようやく、市川春子シリーズを買い求めに走るわけである。(遅い)

取り戻すように、もうひとつの短編集Vol.1『虫と歌』と
初の連載が始まった『宝石の国』を購入。
言うまでもなく、“市川春子”愛が止まりません…

わたし、好きです。
この才能は、唯一無二です。

とにかく全部、刺さるのです。

今、私の中で“市川春子”ブームが到来中。
よもや自分史上マンガランキングが再編中…。

はやく、『宝石の国』の続きが読みた〜い。

*以下、ざっと『市川春子』情報をまとめてみました。ぜひ、“市川春子”病にかかりましょう。




 

『市川春子』をまとめ

▼公式HP
http://ptpt.x0.to/pp/

▼プロフィール

市川春子

北海道在住。

2006年、投稿作『虫と歌』でアフタヌーン2006年夏の四季大賞受賞、その後、『星の恋人』でデビュー。2009年に刊行された初の単行本『虫と歌 市川春子作品集』が第14回手塚治文化賞新生賞を受賞。初の連載作品『宝石の国』は『このマンガがすごい!2014』オトコ編にランクインし、現在、「アフタヌーン」(講談社)で連載中。

*このマンガがすごい!WEBより抜粋

 

▼インタビュー記事
【インタビュー】上は少年、下は少女。性別のない宝石たちは「色っぽい」! 『宝石の国』市川春子【前編】
http://konomanga.jp/interview/8866-2

【後編】
http://konomanga.jp/interview/9099-2

▼インタビュー記事まとめ

http://ent.smt.docomo.ne.jp/article/12958
2014-04-01
市川春子Vol.1 “はかりしれないほどの光”でも、すべては救えない

http://ent.smt.docomo.ne.jp/article/12982
2014-04-15
市川春子Vol.2 漫画を描くことで人間の秘密をつかみたい

http://ent.smt.docomo.ne.jp/article/12983
2014-04-22
市川春子Vol.3 ゾッとしたり、ドキドキしたり、「わからない」がおもしろい

http://ent.smt.docomo.ne.jp/article/12984
2014-04-29
市川春子Vol.4 不思議な感情をなぜ手放せないのかをわかりたい

 

市川春子作品がより一層楽しくなる情報。


市川春子『宝石の国』 元ネタ宝石一覧
http://matome.naver.jp/odai/2137467664164419401

市川春子『宝石の国』3巻発売記念! 本物の宝石をプレゼント
http://kai-you.net/article/8121

 

news_xlarge_hoshinogen_top

news_xlarge_hoshinogen_analog_JK

星野 源、市川春子によるオフィシャルサイトのトップ画像を公開
http://ro69.jp/news/detail/113703?rtw

市川春子「宝石の国」グッズ
http://store.natalie.mu/html/page83.html

『マンガ漂流者(ドリフター)』30回 彼女という才能は、まるで彗星のように現れた
11月に単行本「虫と歌」が発売されたばかりの新人作家・市川春子の魅力とは? 前後編に分けて迫る!
http://www.webdice.jp/dice/detail/2164/

マンガ大賞2015ノミネート作品に選出
http://natalie.mu/comic/news/136460


『宝石の国』フルアニメーションPV

4巻は特典付きのモノも。
カードゲーム付き。