#積ん読 のひとつをつまんでみた。 #アンカル ものすごい好き。 #装丁 が好みで。 #ジャケ買い だったのだが、内容が◉。自分史上最高マンガかも!ぐらいの面白さ。 #オススメ #Mœbius #AlexandroJodorowsky #BD #原正人 #メビウス #アレハンドロ・ホドロフスキー #大友克洋 #松本大洋



#積ん読 のひとつをつまんでみた。 #アンカル ものすごい好き。 #装丁 が好みで。 #ジャケ買い だったのだが、内容が◉。自分史上最高マンガかも!ぐらいの面白さ。 #オススメ #Mœbius #AlexandroJodorowsky #BD #原正人 #メビウス #アレハンドロ・ホドロフスキー #大友克洋 #松本大洋(from Instagram
わが家の『積ん読」の中でも、大型の本に目がとまる。
移住前に買ったもので、そのまま眠っていた。

仕事の隙間に手を伸ばしたら、
止まらなくなった。

ずんずんと引き込まれる。
海外コミックだが、アメコミとも違う。

フランス漫画界[BD](バンド・デシネ)の巨匠作品だという。

SF好き、ファンタジー好きにはたまらないはずである。
仕事がら、“書籍”には目がないが、
この本は、本屋でも一際目立っていた。

装丁もいい。予備知識もなく、ジャケ買いだったが、
なんと言っても帯に釣られてしまったと思う。

大友克洋、松本大洋の名が目にとまれば、買うしかない。
とはいえ、その時の熱を忘れて、数年が経ってしまったが、

これが、本当に面白い
それに、まったく古さを感じない。
この作品が、1981年から88年の作品だというのだから、
作者の脳みそがどれだけ先に行っていたのか分からない。

自分史上コミックランキングが上書きされるぐらいの面白さだ。

本書には[特別収録]として、
谷口ジロー × 藤原カムイ 対談もある。

宮崎駿さんはじめ、どれだけの作家に影響をあたえたのか数知れず…

また、画:メビウス氏は、コミック以外での活躍もすばらしく、
『エイリアン』『トロン』『フィフス・エレメント』など数多くのSF映画の
美術デザイナーとしても関わっている。

日本人なら、誰もが知っている名作ばかりだ。
後から知ることが多くて、感動と反省が同じくらいの勢いでやってくる。

しばらく、BD熱が治まらなそうだ。

調べていくといろいろ分かってくる。

▼メビウス氏の公式サイト
http://www.moebius.fr/

▼こちらは、メビウス熱にかかったファンが作ったサイト
色々なメビウス情報が載っている。残念ながら現在は休止中。
メビウス・ラビリンス
http://moebius.exblog.jp/


▼こちらは、バンドデシネ全般の情報が日本語で見れるサイト
http://1000planches.org/

▼こちらもBD(ベーデーと読む)情報が満載。ShoProBooksが運営する海外コミックについての情報サイト。残念ながら現在は休止中。
BDfile:教えて!BDくんアーカイブ
http://books.shopro.co.jp/bdfile/


BD(ベー・デー)
バンド ・デシネの略で、フランス語圏のコミックをさす言葉。