『魔法のことば』星野道夫


魔法のことば (文春文庫)

小学生の時にこの本に出会っていたら、
人生が変わっていたかも知れない。

それほど、わくわくする本だと思う。

著者のことばは、すうっと頭に、こころに入ってくる。
文章は、その人柄をとてもあらわすものだと思う。

偽りがなく、透明無色な体験記は、とてもすぅっと入ってくる。

わたしが、星野道夫さんを知ったのは、ずいぶん大人になってからだった。
カレンダー製作のプレゼンのひとつに、星野道夫さんの写真を提案した案件を手がける機会があったのだ。
写真は、自然の中の熊と紅葉の写真だった。

見た事のない大自然とアングル。
どうやったら、この世界が撮れるのか、とても不思議だった。
それは、熊にならないと撮れないような写真だったから。

そんなわけで、最初の接触は、著者の『写真作品』だった。
プロフィールを拝見して、人物に心引かれ、それから書籍へと辿り着いた。

写真も素敵だが、文章も素敵。
さらに人間も素敵。

妖精なのではないかと思えてならない。
こんな人が現代の東京に育ったというのだから、驚くばかりだ。

とにかく、まだ知らない人には、読んでもらいたい1冊です。