マンガ

〈祝!完結〉え、マジ?本当?鬼滅の刃だけじゃない、女性作家が作り出した名作漫画特集一覧

ノラさん
ノラさん
祝!お疲れさまでした
鬼滅の刃、完、おめでとうございます。

この記事を書いていた矢先、速報が届きました。

プロローグ。久しぶりのジャンプ熱『鬼滅の刃』

漫画だけ知りたい人は、プロローグ飛ばしてください。

ジャンプが今、アツいらしいよ!

というのをtwitterのTLで拝見して、

これは良さそうだぞと、久しぶりに、読んだのが、『鬼滅の刃』でした。

年末用の読書のにちょうど良さそうだなと考えて、

子供の誕生日プレゼントと称して、全巻大人買いしたのが、2019年年末でした。

時は、すでに、『鬼滅の刃』熱がつき始めの頃で、どこの書店でも、なかなか変えず。

メルカリやヤフオクでも、高値でせどりしてる感じの金額て出ていました。

もうーしゃーないなと思いまして。ある程度のまとまりを安く出している出品者さんから、買い。
残りは、新品で買う。作戦に出ました。

ところが

ノラさん
ノラさん
なかなか1巻が、買えなかったのです。

仕方なく、アニメ(Amazonプライム)で、最初から見ることで、心を落ち着かせました。
が、血の量がすごくない?
これ、子供に見せていいやつなのかな?
ウチは、クリエイティブ職なので、世間よりもイージーな方だと思うのですが、
それでも、躊躇するほどの表現でした。

字子さん
字子さん
日本版ゾンビか〜と思いました。

さて、正月も過ぎ、「鬼滅の刃」を家族で回し読みしたころ、
一つのつぶやきをしました。

図郎さん
図郎さん
女性の表現がうますぎる気がしたんですよね

そして、今、5月17日頃、
なんか、やっぱり、女性作家だったんだ的なことで、騒がれてますね。

女性だからこその視点。すごい。きめ細かい!

と思うんですよね。

そういう、作品も、世の中には、たくさんあるみたいですよね。

不朽の名作、『鋼の錬金術師』

例えば、ハガレン!
そうです。不朽の名作、『鋼の錬金術師』も、女性作家です!

言われてみると、なるほど〜と腑に落ちます。

カドが、丸いと言いますか、ギス感がないんですよね。ストーリーに。もちろんいい意味です(個人的意見)

図郎さん
図郎さん
ハガレンのストーリーが凄い好きです。
広げた風呂敷も、最後のまとめ方も、素晴らしくて。

キャラクターも抜群です!

 

そして、今日、これまた、ツイッターで、発見した。驚くべき事実!が、

これは、予想できなかった。

ドロヘドロもかよ!

なんなら、完全にヒゲのおっさんのイメージしかない。

図郎さん
図郎さん
山の中で、サバゲーとかやっているおっちゃんかと思ってた。

戦闘マニア系の。

ディストピアもの、好きなんですよね。
荒廃した都市。北斗の拳よりも、リアルな世界観だったな〜

驚き、桃の木、山椒の木!

そうか、金田一くんも女流作家なんですね。

じっちゃんの名にかけて!読んでたな〜

 

え、リボーンも、なんだ!

ジャンプで、女性作家は過去にいたのかなと、思っていたのですが、いたんですね!
凄い!知らなかったです!
 
 
フォローしていただけると、字と図の最新ニュースをご覧いただけます