雑記

最高の下着。雪国に移住した僕が、寒がりを救った暖房アイテム_買ってよかった神グッズ3選


雪国、青森、5月に入っても、今日は、かなり寒いです。

ずっと、温かくて、春と夏が一緒に来たかな〜と思っていた束の間。

字子さん
字子さん
今日は、久しぶりにストーブをつけてしまいました。

『ストーブ』twitterでもトレンド入りしていましたね。(片付けなくてよかった)

さて、このお話は、30代半ばで東京から雪国青森に引っ越してきた男が、なんとか日常をおくって来ることができた、お助け神アイテムをご紹介する話です。

 

言い換えると、早い話、寒がりを救った暖房アイテムです。

 

その1 最高の、ももひき。スーパーメリノウール

男の最高の下着なんじゃないのか。と思うほどに良い商品です。

商品写真は、上(トップス)ですが、下(パンツ)もあります。
どちらかというと、ここでは、下に履くモモヒキ型のお話になります。

メリノウールは、もう、誰でも知ってる素材になってきましたが、
スーパーメリノウールは、まだ知らないですよね?

 

日本を代表するアウトドアメーカーモンベルのアンダーウェア(ベースレイヤー)です。
モンベルの品質はかなり、信用度が期待できます。

アウターなどは、
ちょっと…カラーリングが苦手な人がいるかも知れませんが、

下に履くものですし、黒系しかないので、問題ないかと思います。

モンベルのオンラインストア

そして、一番の特徴は、メリノウールであること!

しかも、スーパーメリノウールという、独自素材。

図郎さん
図郎さん
チクチクが、ほぼほぼ無い。

スーパーメリノウールの解説ページ

 

私も、どちらかというと、セーターが苦手なタイプですが、
コレは、チャーラー、ヘッチャラです。
全然、痒く無い。

この商品に出会ってからというもの、他の商品にいけないくらい、すこぶる良い

 

最初は、山登り用に買ったのがきっかけ。でした。

モンベルスーパーメリノウールは3タイプの厚さ

が売られているのですが、私は、正直、全部買うほど、惚れ込んでしまいました。

 

日常的に着るならば、一番軽い『薄手』L.W

ヘッドライトを裏側からあててみました。一番薄いタイプ。でも履いた瞬間から温かみがある

ストッキングを厚くした感じの厚み

コレはちょっと、寒いな〜という、春先ぐらいから、身につけてしまう、ハイテクももひきです。

真ん中に位置する商品の『中厚手』M.W

一番よく履く中厚タイプ。ちょいと毛玉がありますがご了承ください。

 

コレは、すごい便利で。日常的に超使い回しています。
日常で使うので、今、3枚目を買ったところです。

最高厚の『厚手』EXP.

ライトの透過具合で、分かると思いますが、全体に生地が厚いのです。寒い時しか履かない。でも、冬場、これを着た上にショートパンツを履いて家で過ごすのはちょうど良いです。一番薄いやつの3倍くらいの厚さに感じます(個人比)

 

コレは、滅多に着ないぐらいの頻度です。雪国で、外で遊ぶときくらいかな。
スキーとか。

比較用に載せておくと、パタゴニアのキャプリーンも好き

対抗馬として、他に愛用していたのが、パタゴニアのベースレイヤー(下に重ねて着る)キャプリーンを着ていたのです。
絶妙な肌心地で、愛用者も多いはず。
確かにコレも良い商品なのですが、化繊が強くて、肌に合わない人もいるかも知れない。

生地の厚みでいうと、スーパーメリノウールの中厚と厚手の間くらいの厚さ。これはこれで、好みなんだけども、汗かいて、乾いた時の『におい』の差が、歴然。メリノの方が全然臭わないの。パタは臭う。

汗をかいても、2つとも、乾くの早いし、素晴らしいのですが、
冷たくないのは、上記のスーパーメリノウールです。

ノラさん
ノラさん
メリノの方が体にフィットするし、汗かいても、臭くならないしね!
自然素材、すご!

 

その2 スーパー腹巻き

男友達が愛用しているのをみて、
それならば、暖かい素材のものを!と調べたら、ありました。

スーパーメリノウールの腹巻き

素材的には、一番厚い『厚手』EXP.

コレが、最高に重宝しています。

3季節くらい、着用しているかも知れない。笑

コレをしておけば、上に厚着する必要ないんじゃないかな。

 

その3 使い捨てじゃない方の、永久に使えるカイロ

最初、どうやって使うのか、全く、分からなかったのですが、

お友達が、紹介してくれました。

 

Amazonのレビュー数見たら、驚きますよ。

↓どうせ、専用の燃料を買うことになるので、セットで買うのがオススメです。

ジッポーライターを使ったことがある人なら、想像できると思います。
銀色の容器にベンジンオイルを入れて、火をつけるだけです。

字子さん
字子さん
え、使うの?

火を使うので、怖いと思うかも知れませんが、
最初の1回だけです。基本スターターです。
あとは、化学反応で、その燃料が燃え尽きるまで、ずっと暖かい。

燃料を入れるプラスチックのカップも付いてくるので、溢れることはないです。(スポイトみたいな計量カップみたいな)

この銀の容器がまた、カッコよくて孔雀の絵が記号化されています。

専用の巾着も付いてくるので、巾着に入れて、ポケットに入れて使っています。

保温も約24時間。
ずっと、暖かいのですよ。

灯油ストーブみたいに、独特の匂いがあるので、それだけデメリットに感じる人もいるかも知れない。

図郎さん
図郎さん
けど、においも含めて、病みつきになりまっせ

 

 

フォローしていただけると、字と図の最新ニュースをご覧いただけます