雑記

誕生日プレゼントって何あげればいいの?鉱物女子の娘に贈って喜ばれたプレゼント

誕生日プレゼントって何あげればいいの?
鉱物女子の娘に贈って喜ばれたプレゼント

青森県(特に日本海側)には、錦石(にしきいし)という綺麗な石が落ちています。
加工してアクセサリーにしたりして江戸時代は津軽玉と呼ばれていたみたいで、なんと、青森県の伝統工芸品にも認定されています。

http://www.jtco.or.jp/japanese-crafts/?act=detail&id=291&p=2&c=25

 

とにかく、それを家族で拾いに行くのが楽しくて、レジャーとして楽しんでいました。
拾って、愛でて、それだけで満足の美しさ。(我が家は加工しない派)

図郎さん
図郎さん
ビーチコーミングですね

さらに、月刊アフタヌーンで連載中の〝戦う宝石人SF〟「宝石の国」(市川春子著)にはまってしまい。

(↑ こちらのアフタヌーンのサイトで、1話と86話が無料で読めますよ)

そしたら!

8歳の娘は、鉱物大好き少女になってしまったのです。

最近は「鉱物女子」とかいうようですね。

字子さん
字子さん
なんでも女子つけちゃって、、、まあいいや。

親としては、興味を持ったものを伸ばしてあげたい!
今だ!
とばかりに、図書館で子供用の鉱物図鑑「小学館の図鑑」を借りてきましたが、さらっと読んで終わり。

女子なので、あまりカタログ的過ぎるのが良くないのかと思い、読み物になっているタイプ「ときめく宝石図鑑」をプレゼント。

しましたが、あまりヒットせず。

字子さん
字子さん
鉱物図鑑よりは読んだ

 

さらに、セリアで「発掘!ラッキーストーン」を購入。

石膏のような塊の中にラッキーストーンが埋まっており、ほじくって発掘するというおもちゃなのですが、パワーみなぎる娘に瞬殺されました。

 

もう飽きちゃったのかなと、鉱物については、忘れておりました。
が、9歳の誕生日に買うものに悩み、、自分も見てみたいからと思いたって、こちらをプレゼント。

 

130×200×15サイズの箱です

オ〜プン!

きれい! 私はこれ! とか盛り上がる盛り上がる

フタの裏には名前や採掘地など。
硬度や結晶系まであり、「宝石の国」ファンとしてはたまらない。

これが娘に大ヒットで、見たり触ったり見たり触ったり、、エンドレスで堪能してました。

字子さん
字子さん
小さいけど、実物に触れられるということが大事だったのかな、と。

現在プレゼントしてから2年経過してますが、

今だに見て喜んでは「ナイスなプレゼント」と褒めてくれます

ちなみに、朝ドラ「あまちゃん」で有名な岩手県の久慈市にある「久慈琥珀博物館」にも連れて行きました。

ここでは、琥珀採掘体験なるものがあり、リアルな地層から琥珀を採掘できるのです!
博物館をじっくりみすぎて、閉館間近にその情報を知りました。
しかも冬季はやっていない。。。
悔しがる娘。
今度はあったかい時期に予約して来よう。

フォローしていただけると、字と図の最新ニュースをご覧いただけます