7月7日 新しいコミュニティデザインを考える – 第1回『地域に向けてクリエイターができること』

7月7日 新しいコミュニティデザインを考える

第1回『地域に向けてクリエイターができること』

公開
· 主催者: 株式会社ビーコーズ – Be-Cause Inc.

「新しいコミュニティデザインを考える」

第1回
『地域に向けてクリエイターができること』
~地元で活躍するクリエイターをもっと知ろう~

◇ 内 容
十和田市で活躍する3人のクリエイターをパネリストとして招き、クリエイターとしての活動の紹介と「地域に向けてクリエイターができること」をテーマに、パネルディスカッション形式でお話していただきます。

◇ パネリスト
吉田 進 氏(デザインユニット『字と図』):グラフィックデザイナー
安斉 将 氏(安斉研究所):イラストレーター
米田 佳介 氏(株式会社ビーコーズ):WEBデザイナー

こんにちは。
字と図のよしだ(@suuyoshida)です。

人口?‍?‍?‍?63000人に満たない十和田市で、

クリエイター?✏?‍?という職種で、

生きている人の 一人です。

今回、そういう3人が、集まってトークをする、そんな場に出ます。
???

クリエイターってなんやねん?、って思う人、

たくさんいると思うんです。

まずは、知ってもらうこと

かな と思っています。

デザインとか、イラストレーションとか、
意外と、いろんな場面で、知らないうちに皆さんに関わっているものだと思います。

ちょっと周りを見渡してみてください。
『デザイン』されているものばかりなんですよね。
???????

どこかの誰かが、デザインしたモノ。

案外『デザイン』されていないものを見つける方が、すごく難しかったりします。

あ、そゆこと、
へー、そーなんだ
ほほぅ、そんなことまでやるんだ

などなど、
きっと、腑に落ちること、あると思います。

デザインを知ると、
商品や企業、サービスやコミュニケーション、いろんなことに変化が生まれます

他にも、例えば
?‍?お子さんが、将来、こういう職業に進みたい!となった時にも、具体的なアドバイスできると思います。

まずは、知りに来てください
ぜひ、軽い気持ちで。

トーク後には、交流会もありますよ

よろしくお願いいたします?

フォローしていただけると、字と図ニュースをお届けできます