a

在宅ワーカーがオススメする、在宅ワークや自宅待機中に子どもがずっと遊んでられる遊具・おもちゃ5選

在宅ワークが当たり前の世の中になってきましたね。

子どもとの時間が増えたことは、悪いことではないのですが、
仕事もしなくちゃならない。

これまで7年間在宅ワークをしてきた私たちがオススメする遊具をご紹介!

少しでもスムースに、お仕事ができるように、

子どもたちが少しでも、遊びを長続きできるツールをご紹介します!

結論からいうと、

  1. ハンモック
  2. トランポリン
  3. レゴ
  4. iPad
  5. パズル

それでは詳細解説です。

1. ハンモック

天井に梁(はり)のある家の場合は、もうこれが一番使えます。
ブランコのようにずっと揺れています。
昨今は、置き型のモノもあるみたいなので、検討されるといいと思います。
ソファでよくね?と思うかもしれませんが、全くの別物です。
揺れが、子どものウキウキに大事なんですね。
もう、ずーっと、やってるし。笑

紐は、下記にあるような、たくさん綴じてあるものがおすすめです。
調整がラクで、とにかく引っかけやすいです。

字子さん
字子さん
もう買ってから、何年になるんだろう
図郎さん
図郎さん
紐を2回買い変えたよね、それぐらい長いね

キャンプに行く方は、アウトドア用を買っても良いですね。

私たちが購入したのはこれ↓

BYER(バイヤー) バルバドスハンモック モカ 12410010016000

▼オプションで買うなら、この紐もあったほうがいいですね

Overmont ハンモックベルト ハンモックストラップ 2本セット 専用収納バッグ付き (長さ300cm ノード18個 耐荷重量800kg) キャンプ アウトドア用

2. トランポリン

最初に買った時、どうせすぐに捨てるんだろうなと思った。
けども、予想に反して、生き残っている&楽しんでいるのがトランポリンである。
あまり、説明はいらない。
飛ぶだけで、楽しいようです。
大人でも使える強度。弾んでみると、自分の肉付きがわかります。笑

図郎さん
図郎さん
これはもう遊び道具の名品だよね
字子さん
字子さん
子供の友達がきてもずっと跳ねてるね
ノラさん
ノラさん
オトナのエクササイズにもつかえそうだニャ

DABADA(ダバダ) トランポリン 大型102cm【耐荷重110kg】

3.レゴ

不朽の名作、レゴ。おもちゃの皇帝。
私自身、ものすごくお世話になったおもちゃである。
わが子たちも、大好き。
増えても、比例して、楽しめる。自分の時に使ってたレゴ、どこにいっちゃったんだろう。
最近のレゴは、ものすごく進化と発展を遂げている。
ラジコンもあれば、たくさんのコラボ商品もある。
世界の建築をつくったレゴ展にも遊びに行った。
パーツ部品も進化と発展が目まぐるしい。

図郎さん
図郎さん
これで育ったクリエティブ人は多そうだな〜
字子さん
字子さん
まさに不朽の名作!
ノラさん
ノラさん
気づくと、親の方が夢中になってるニャ
図郎さん
図郎さん
最近気になっているのは、トランスフォーマーのレゴ

 

レゴ (LEGO) クラシック 黄色のアイデアボックス スペシャル 10698

4. iPad

在宅ワークを世間よりも少し早くから、たまたま取り入れていた我々ですが、
一番の救世主といってもいいくらいに頼れる存在がタブレット。
iPad先生は、仕事でも使えるから、本当にありがたい。
反面、子どもにずっと使わせたくないジレンマがある。
ちょうど良い距離を保ちつつ、模索して、お付き合いしていきたいガジェットです。
子どもの操作を覚える早さは、すごい。

図郎さん
図郎さん
これが無いとさ、仕事にならないのよ
字子さん
字子さん
まぁ、しかたない反面、上手に付き合いたいガジェットです
ノラさん
ノラさん
子どもを、ほどほどに黙らせておくツールにゃ

 

Apple iPad (10.2インチ, Wi-Fi, 32GB) – スペースグレイ(最新モデル)

5. パズル

おじいちゃんが、孫のために買ってきたんだけど、
子どもらも黙々と、やってたね。
ちょっと、存在を忘れていたくらい、久しぶりにプレイしたけども、ハマる。笑
車の中でもできるし、お花見とかでもいけそう。
充電がいらないしね。

図郎さん
図郎さん
これは根強い、普遍的にずっと遊べる。
一回完成させても、またやりたくなるのなんでだろう。
字子さん
字子さん
500ピースぐらいがちょうどいいよね
ノラさん
ノラさん
電気もwifiも必要ないエコにゃ

 

500ピース ジグソーパズル となりのトトロ ひなたぼっこ (38x53cm)

いかがだったでしょうか? まだまだ続きそうな自宅待機… 在宅ワークのお供にぜひ。

フォローしていただけると、字と図の最新ニュースをご覧いただけます