【じとずの視点09】もしかしてうつる“あくび”は何かを伝達してるんじゃないのか?


jitozu_column09_akubi
昔から、気になっていた事がある。

それは“あくび”がうつることだ。

目の前の人があくびをすると、こちらまでつられてあくびをしてしまう。
逆もしかりだ。

それは、きっと、空気の塊が、等高線のごとく空気中を分けていて、
酸素濃度の低いラインに、ひとたび足を踏み入れると、起こるようにも思える。

しかしだ、
空気感染的な気配をよそに、
感じてしまった事がある。

それは、“電話”だ

いまではめっきりと少なくなったであろう“長電話”で、
体験したことがあるのだ。
その昔かれこれ1時間以上話していた時だった

『ふわわ』とこちらが欠伸をすると、相手も続けてしたのである。

その時、空気の伝染だけではないなと、気がついてしまったのだ。

一体、なんなのだ。これは。
もしかすると、これは、個々の人間を繋いで渡るための“行為”なのではないだろうか。

あくびの瞬間、何かが、目にも留まらぬ早さで、びゅんと移動しているのではないか。

何が移動してるというのだ。

 

その昔、友達が、興味深いことを言うていた。

『原子って知ってるかい?』

『原子っていうのはね、この世で一番小さな物体で』

『全てのモノは、その原子とやらで出来ているらしい』

『そしてね、原子ってやつは、君という人間を作っていたり、その辺の花や野良猫、はたまたこの部屋にある机、花瓶、そういうものだったりする』

『そしてね、そのそれぞれは、その原子ってやつを交換してるらしいんだ』

『たとえば、君が毎日通勤している間に、道で出くわす、咲いている雑草や花、電車で会う人、ランチで食べるもの云々、キレイだな、美味しいなと意識した時、そのモノたちと原子を交換してるらしい』

『つまりさ、君というモノを作っている原子ははね、毎日、少しずつ君の中の原子が入れ替わっていて、1年後には、全く違う原子になってしまっているんだよ』

『すべてのモノは、ただの容器に過ぎないのかもしれないね』

というお話を思い出した。

あっ、そうか!
あくびは、原子を交換してるのかも知れないね。