2019年11月15日

本当のデザイナーの楽しみ(本領発揮)は納品してから…かも知れない。

青森に移住してからを、振り返ってみると、たくさんの個人経営者からの依頼が増えた。 個人経営者と仕事ができることのメリットは、直接決定権がある人と、仕事ができることになる。 その人自身が決定を下すので、意思疎通に迷いがない。当然無駄がない。 さて、今回の本題ですが、とても嬉しいことがあった。
ぼくと同じように、移住してきた仲間がいる。その人に仕事を頼まれたのだ。名刺兼お店のショップカード、それからお店で患者さんにお茶を出すので繰り返し使えるコースターを。とのことだった。 確かその時も周年を迎えた区切りだった。 今回4年目との事で、彼が投稿した写真には、バースデイケーキ🎂が、写っていた。そのケーキに描かれていたのが…わたしが納めたあの、デザインだったのだ。 なななんと。わたしの記憶では、過去にケーキに昇華されたことは…ない。 こんなにも、クライアントに愛されているなんて。 本当にデザイナー冥利に尽きる。 げんき接骨院さん。㊗️4年おめでとうございます。 フォローしていただけると、字と図の最新ニュースをご覧いただけます