もらって嬉しいかっこいいお土産『一保堂茶舗』

jitozu_omiya01_1

先日の客人からいただいたお土産

一保堂茶舗の麦茶。

何とも、しつらえが美しい。

このパッケージも存在感ある。

この巻き方、ただ者ではない。

たとえば、デザイナーがゼロのまっさらな状態から、

『よい!これでいこう』と提案することは難しいほどの、

アイデンティティだと思う。

これは、勉強せねばいかん。

さて、開けてみると、

jitozu_omiya01_2

これまた、まったく予想外のしつられが現れた。

この紙にこの真っ白なホローのような缶をあてるあたり、

やはり、ただ者じゃない。

しかも、トーンがまったく違う、お犬さま。

かわいい。

▼ホームページも美しい(かわいい)

一保堂茶舗

余談だけど、お土産って、いろんなことが分かる。

その人の心意気、センス、こだわり、おもてなし、好み、気遣いなどなどエトセトラ。

ところで、私がお土産を買う時の流儀がある。

簡単だ、自分がほしいかどうかである。

これはプレゼントにも通じる。

自分がもらっても嬉しくないものは、あげてもちっとも嬉しくないんじゃないかと思うのである。

これ、簡単だけど、重要な初歩だと思う。

結構いろんなことに通ずるのではないだろうか?

素敵なお土産でした。

いやぁぁ、いいものをもらった。

ありがとうございました。

フォローしていただけると、字と図ニュースをお届けできます