日本一周中の青年に出会った時にすること


日中、田舎で親戚の農作業を手伝った。
結構、ヘトヘトになる。

それでも未体験のことを体験するのは
とても刺激的で、疲れもなんだか心地よく感じるから不思議。

ひと仕事を終えた僕ら(ぼくと妻)は、休憩がてら、近所のコンビニに入った。

アイスを頬張り、外に出ると、
そこにひとりのバックパッカーがいた。

コンビニのおばちゃんは、外に居座るその彼に煙たい視線を浴びせている。

しかし、客の多くは好意的だ。
物珍しいようで、次々に話しかけられている。

大きなバックパックに、
B4サイズぐらいのホワイトボードが立てかけられ、そこには次に向かう方向が書かれている。

夕方のラッシュに差し掛かる時間帯なので、次々に車が入ってくる。
きっとそれを見越して、ここにいるのだろう。

話しかけていた人が去るところに、
今度はぼくらが引き継ぐように話しかけてみた。

なんと、ここ青森県十和田市まで、
岡山県から来たという。

泊まり宿か次の行き先まで乗せてくれる人を探しているとのこと。

泊まらせてあげたいが、
ぼく自身、お世話になってる身なので、
さすがに決定権がなく、かわりにアイデアをひとつ提案してみた。

コンビニは良いアイデアだが、
ならば、同じ世代の大学生の方が、
泊めてもらうにしても話が早いのではないか。

ということで、大学が位置する近くのコンビニまで車で送ってあげることに。

着いた瞬間から、これは成功だと思った。
ミニストップは、店内で飲食できるスペースがあるため、すでに学生らしき人たちがいるのが見えたのだ。

しかも、20台ほどのチャリが駐車場に並んでいる。

早速、笑顔の彼を降ろし、抱き合ってわかれた。念のため、保険として連絡先を交換したが、きっと大丈夫だろう。

後日、メールがきた。
無事に学生に泊めてもらったとのこと。さらに秋田へ向かうと。
日本海側を南へ西へ下っているようだ。
きっと今頃は新潟あたりか…

彼の名は一将(かずまさ)くん。
どこかで会ったら、何かしてあげられることをしてみてはどうでしょうか。

挑戦してる人はキラキラしてますね。


脱線しますが、以下は、別の切り口で『日本』を語っている本です。
面白かったので、オススメです。