diary

八戸にできた素敵なかわいいカフェ『pinmerci』パンメルシに行ってみた

jitozu_pinmerci01

先日の事である。

八戸に用事ができたので、どうせ行くならと思い立ち、

小耳に挟んだ新しいカフェに寄ることにした。

カフェの名前は、『pinmerci』パンメルシ

フランス語のような響きだ。

白い平屋のそのお店は、おしゃれで、清潔感がある。

看板のロゴを見た時、あ、ちゃんとデザイナーが関わっているなと思った。

文字の組み方をみれば、それは分かる。

jitozu_pinmerci03

店内も白を基調としていて、清潔で落ち着く。

新しいカフェだけど、古い建物をリノベしてあるので、白さに違和感がなく、心地いい。

いかにも新品の白は、やはり、腰を下ろす空間には似合わない気がする。

ここは、席についた感じも、いい。

外から入る陽の光もちょうどいい。

朝ご飯が似合いそうな空間だなと思った。

伺ったのはランチ時、

早めに行ったが、もう席の半分は埋まっていた。

日替わりのランチプレートがあるので、それを頼んだ。


季節のご飯プレート

  • 夏野菜と豆腐のスイートチリ
  • かぶとカリフラワーの白いサラダ
  • 切り干し大根のオムレツ
  • たことトマトのピンチョス
  • にんじんのナムル
  • 五分付き米
  • スープ

和食ベースで、おいしそう。

jitozu_pinmerci04こちらが、それである。

大人の“お子様ランチ”みたいで、見た目も華やかで、食欲も踊る。

ボリュームもある。

jitozu_pinmerci05男のわたしにも十分な量だが、

ご飯がおかわりできるということで、ついいただいた。

スープに投入して、即席雑炊に。(よい子は真似しないでください)

jitozu_pinmerci06

本棚のあるカフェは、二重丸だと思う。

待っている時間も苦にならないし、

早く食べ終わってしまっても、手持ちぶたさにならなくてすむ。



Casa BRUTUS特別編集 ミナ ペルホネンと皆川 明 完全版


どうやらマンガは置いてなかったが、それも正解だと思う。

お店のアイデンティティをつくるのは、意外とそういう小さなことなのかもしれない。

カフェの雰囲気を上手に作っているなと思った。

本棚は、他人の脳みそを覗いているようで、楽しい。

デザイン関連の書籍もちらほらあったので、ひょっとしたら前職はデザイナーかも知れない。

それともパートナーが。など、想像が広がる。

jitozu_pinmerci07 ランチを頼んだ人がプラス200円でいただけるデザートもある。

もちろん食べてしまった。

ゴマのクリームが病み付きになりそうだ。

コーヒーも追加注文。

ついつい長いしたくなる。

それもカフェの魅力かもしれない。

jitozu_pinmerci08 jitozu_pinmerci09

また寄りたくなるいいカフェでした。

『pinmerci』パンメルシ
営業時間:11:00〜16:00
定休日:日曜・月曜
住所:青森県八戸市根城3-7-12
(ユニバース根城店さんの第二駐車場の看板のすぐ後ろに見える白い平屋の建物になります
電話:080-9072-5417

View this post on Instagram

本日もありがとうございました。 今週のパンメルシプレートは 『ごま味噌ポテトの三角春巻き』です△ 揚げたてのパリっとした食感をお楽しみくださいませ♡ 今週は臨時休業が多めで、ご迷惑をおかけします。どうぞよろしくお願いします。 営業時間 11:00〜15:00(L.O.14:00) 定休日 日曜・月曜 ★3月の臨時休業 14日、21日、24日、28日

A post shared by pinmerci ∞ パンメルシ (@pinmerci) on

デカフェフレーバーコーヒーの購入|極・馨 フォローしていただけると、字と図の最新ニュースをご覧いただけます
RELATED POST