初めて“そば”を打ってみて分かった決定的なプロとの違い


jitozu_soba01

 

高円寺の椿さんで

美味しい蕎麦

を食べてから、

そばを自分で打ってみたいなぁと思っていた。

 

以前からも一度やってみたいとは思っていたのですが、日常のなかでは、簡単にソレをすぐに忘れてしまう。

今回はタイミングがようやく合ったのでした。ピシャリと。
妻の実家に帰省している時、叔母に教えてもらえる事に。

そこでは、そばを自分たちで打つのは、それほど特別なことではない。

田舎では、餅も打つし、蕎麦も打つ。

jitozu_soba02

そういった暮らしがそこには普通にある。
何だか、羨ましく感じる。

東京では、蕎麦は蕎麦屋に食べにいくのが当たり前だと思っている。普通に。

さておき、わくわくしながら、
そば打ちを教えてもらった。

実際にやると、なかなか難しいモノですね。
どこかで幾度かみたことのある打ち方を、
頭に写しながら、見よう見まねでやって見る。

額に汗がにじむ。
それに結構、チカラがいる。

何となくカタチになるんですが、 そこには

決定的なプロとの違い

があります。

jitozu_soba03

jitozu_soba04

jitozu_soba05

何だと思いますか?
味?歯ごたえ?

いえいえ違うんです。
正解は、長さ

これが、決定的にちがう。
茹でる前の状態では、なかなかいいんじゃない?という出来ばえなのですが、

茹でている時に、ブツブツと切れてしまうようです。
そば粉の配合が多かったせいでしょうかね。

jitozu_soba06

味は最高でした。
薬味も自家製(叔母ちゃんの)

”という時期的にも、食べやすくていいですね。

一度、自分の手でやってみると、
こう何かがストンとおちるというか…
しっくりくるというか。

さらにプロフェッショナルの凄さも分かりますし、体験するってのはやっぱり大事なことですね。


高円寺『椿』
中野区大和町1-65-2
03-5356-9404