【じとずの視点05】出席番号順の宿命

jitozu_column06_Attendance-numbers

それは、いつだって、急にやってくるのである。

『今日は、出席番号一番うしろからにしようかな』

などと、教師のきまぐれからやってくるのである。

関東圏なら、学年に5人はいるであろう『吉田』という姓。

ワタナベさんがいない限り、いつだって出席番号は、最後の可能性が高い。

(ヨシザワくんではNGなのだ。ワダくんならウェルカム!)

ゆえに、一学期などは、席が後の方になって、うれしい棚ぼたもあるのだが、

それはいつだって突然にやってくる。

今しがた上の空であった英語の授業や、

音楽の発声、

そして、体育のリレー。

真ん中あたりの名前の奴らめ!

ずるい。名前、交換して。

しかし、『いきなり』はやめてほしい。

しかし、

『あ』の段の人は、もっと嫌かぁ。

きっと、アベさんやイトウさんは、ハートが強いんじゃないかな。

フォローしていただけると、字と図ニュースをお届けできます