【特殊印刷】印字面だけが透明化する名刺デザインの作り方/パチカ(前編)


jitozu_fs_namecard_01

 

さて、はじめに宣言しておきますが…

名刺って大切です。

 

みなさんはどんな名刺を使っていますか?
また、どんな名刺をもらったことがありますか?

さて、
紙』そのものがフィルム状に透明であったり、
トレペのように半透明である紙は、みなさん既にご存知(見たことがある)かと思います。

 

しかーし、

印字面だけが透明化する紙

……となると『?』な人が多いのではないでしょうか?

今回は、その不思議な紙を使ってデザインした名刺のお話です。

 

きっかけは、数年前に差し出された名刺でした。

竹尾の方と名刺交換した時のモノで、
それはなんとも不思議な紙で、印字部分が透けていたのでした。

 

『パチカ』

という、竹尾さんで取り扱っている紙で、
熱を加えたところが『透明化する』特性を持つ紙でした。
いつか、何かの企画で使いたいなぁ。と思っていたんです。

 

それから数年が経ち…

『インパクトのある名刺をつくりたいんですけども、何かアイデアありますかね?』というご依頼をこの度、いただきました。
お、これはいいんじゃないかと思い立ち、頭の奥底からこのアイデアを引っ張り出してきたわけです。

 

今回使用したのは、
パチカ/四六判Y目200kg

 

紙の厚さが3種類あり、真ん中のモノを使いました。
名刺には、ちょうどよい厚さだと思います。

 

薄い130kgの方が、より透けるので、効果的には面白いのですが、
薄いので、圧をかけて押すので、加工後に紙がヨレてしまうんですね、
なので、どこか“頼りなく”また“心もとない”印象に仕上がってしまいます。

 

反対に350kgは、名刺としては厚すぎるので、名刺ケースなどに収納する際に、
かなり枚数不足に見舞われると懸念されます。笑。
いつも補充していないといけないですから大変ですね…。

透け感(透ける度合い)も紙が厚い分、透明感がモノ足りないですし…。
(でも、パッケージなどには面白いと思いますよ)

 

〓 次は加工屋さんを探すの巻

さて、紙とデザインが決定すると、通常は『印刷会社』に入稿(データを渡して)して、というステップになるわけですが…

 

今回は、パチカの『熱加工』ができる会社を探さなくてはなりません。
実は、この特殊な加工ができる『技』をお持ちの会社が数えるほどしかありません。

 

いつも困った時に相談している竹尾さんに、尋ねてみたところ、
残念ながら『直接のお取り引きができない…』的なことでしたので、
自分で探してみることにしました。

 

関係協力会社の力も含めての企業力ですから仕方がありませんね。
竹尾さんにまるっと、お願いすることもできたのですが、
そうすると、仕上がり状態のものしか見ることができません。それではちょっと残念です。

 

こういう特殊ケースについては

『過程(プロセス)』を自分の眼で見たい!

というのがデザイナーの本音です。

良い機会なので、直接やりとりできる道を選択することにしました。

 

 

〓 凄腕の『箔押し印刷工房』コスモテック

そこで、ご縁があったのが、コスモテックさんでした。
まさにプロフェッショナルでした。
それに、ブログが面白いです。

 

Webで検索して、実績例を拝見して、
早速、お電話すると、すぐに打合せの機会をいただきました。

 

営業の青木さんは、ものすごく博学で、その時の相談内容はすんごい勉強になりました。
(なんでも、紙見本帳を枕元に置いて寝ているそうで…
アイデアが出てきた時に逃がさないためだそうです。脱帽です!)

 

そのひとつが、今回使用することになった『OKフロート』です。

なんと、こちらの紙、

パチカと同じ素材で作られた紙

なのです。

 

配合率が違うだけなんですよ、

と。

 

まさか、そんな紙が存在していたとは、つゆ知らず。

ちなみにOKフロートは平和紙業さんの取り扱い商品です。竹尾さんではありませんのでご注意を。

 

熱が加わると透明化するパチカですが、

OKフロートの場合は、
加熱部分が濃く見える特徴があります。

 

早速、クライアントにも提案することにしました。

結果的には、500枚全部をパチカで行うよりも、

半分ずつ、250枚をパチカ。250枚をOKフロートにした方が、

コスト的にもダウン

させることができました。

 
用途によって2つの名刺を使い分ける『遊び』を付加する事ができました。
 

▽選んだ紙はこちらです。

OKフロート/ライトグレー/四六判 Y目 210kg

 

青木さんには、他にもたくさんの知識とサンプルを披露してもらい、
次なるアイデアの貯蓄になりました。
大変、勉強になりました。ありがとうございました。

ほほぅ。と頷くばかりでした。

 

こういう『学び』って、なかなか目や耳に入ってくるものじゃないんですよね。
調べようとして、意識を向けても出てくるものじゃないし。

 

会話の中で、脱線して辿り着くみたいな、

ことだなと思うのです。

人と会って話をすることって、やっぱり、すごく大事だなと思うのでした。

後編に続く)