Illustration

【驚きのスタイルを確立する方法】牛木さんのinstagramliveを観て。放った言葉が忘れられない。

牛木さんのインスタライブを観た。

それは突然やってきた。

インスタのタイムラインをぼーっと眺めていると、上の方に『LIVE』の通知が。
『Masanori Ushiki』
あら、珍しい人がライブしてる、と思ってポチッと押してしまった。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Masanori Ushiki(@ushikima)がシェアした投稿

ノラさん
ノラさん
牛木さんと言えば、泣く子も黙る、あの独特の唯一無二で、狂気な絵の人である。

そこには、ニヤついた、牛木さんがいた。
口髭を生やしていて。(このヒゲはARの偽物でした)

最初から最後まで、ずっとライブを観たのは、初めてのことだった。

その中には何度も、印象的な言葉があった。

生で喋る牛木さんは、すごく丁寧な喋りの人だった。
稲中に出てきそうな風貌なのに、ずっと紳士だった。

このライブは息抜きだと言っていた。周囲の信頼をおける誰かから「最近やってないねライブ」と言われたらしく、このタイミングで放送したらしい。

放った言葉が忘れられない。

そして、そのライブは意外にも2時間くらい続いたのではないだろうか。
ずっと、観てしまった。なんだか目が離せなくなってしまったのだ。

ライブには、常時30人くらいしかいなかった。

終わってから確認したが、
牛木さんにしても、たった3万人ほどのフォロワー数しかいないのかと思った。
生存する日本の代表的なアーティストを10人挙げろと言われたら、入れるくらいの人なのに(個人の意見)、一般人の目を疑いたくなる。

一番、忘れらなれないのは、

  • マンガをほぼ見ないこと

ライブ中、複数回、コメントを投げてみた。
常時30人くらいしかいない場で、ほとんどの人は見る専なので、合いの手を入れようと思って、思い切ってコメントしたのだ。

おすすめの漫画を教えたところ、話が漫画の方向へと進んだ。

例えば、エヴァも、最新作の映画は観たけど、『見る必要がなかった』と言った。それに、ガンダムもシリーズ名は言えたけど、全然見ていない。とも。
視聴者が他のメジャー漫画を見たか?いくつか質問を投げかけたけども、ほぼほぼ、見ていなかった。

それは、あえて『観ないようにしている』と言っていたのだ。

なぜか?
それは『自分の絵に影響してしまうから』なんだって。

僕は、たまげましたよ。

ノラさん
ノラさん
鎖国じゃん!

…と思いました。

やっぱり、スーパースターのやる事は、規格外だなと思いました。

フォローしていただけると、字と図の最新ニュースをご覧いただけます