東京都現代美術館で開催中のヨーガン・レール作品が話題。漂流物という『ゴミ』が『美』に生まれ変わる。

私が、ヨーガンレールという人物のことを知ったのは、つい先週のことだった。

ふらっと足をのばした十和田のお店で、

店主との話がはずみ、その会話の中で、彼のことを教えてもらったのだ。

ヨーガンレールも、

店主も、

私も、

共通点があった。それは『石』だった。

わたしにも、魅力的な石をひろってしまう癖。という趣味があるのだ。

家に帰って、早速調べてみた。

すると、なんだか、騒がしい。

東京都現代美術館で、彼の作品展が会期中のようなのである。

http://www.mot-art-museum.jp/exhibition/whoseplaceisithis.html

ヨーガンレール公式サイトでも紹介されている。

http://blog.jurgenlehletc.jp/?eid=187167

海岸に打ち上げられたプラスチックの漂流物。

それらを拾い集め、荒い、分別し、再構成して、まったく美しい存在にしたててしまった。

彼の手によって、ごみが『美』に生まれかわってしまった。

その美しいランプシェードを、東京都現代美術館で今、みることができる。



エココロ サイトにもインタビュー記事がある。

作品までのプロセスがよくわかる。

ヨーガン レール

ゴミから生まれた、美しいプロダクト[前編]

http://ecocolo.com/journal/art/001052.html

ゴミから生まれた、美しいプロダクト[後編]

http://ecocolo.com/journal/art/001054.html



 

海岸に打ち上げられたプラスチックの漂流物。

それらを拾い集め、荒い、分別し、再構成して、まったく美しい存在にしたててしまった。

ごみが『美』に生まれかわってしまった。

巷の声をまとめてみました。

その美しさが分かります。

10月12日まで開催されている。

残念なことは、彼がこの世にいないことだ。

ぜひ、お会いしたかった。

フォローしていただけると、字と図ニュースをお届けできます