CLEANING DAY津軽

Client: CLEANING DAY津軽実行委員会
AD/D: 字と図
Illustration: よしだすすむ(字と図)
 


クリーニングデイって知っています?
“クリーニングデイ”とは?

フィンランドで、2012年より年2回(5月4週目・8月最終週の土曜日)

開催されているリサイクル・カルチャー・イベント。

「リサイクルのハードルを下げる」「地域交流」を目的としています。

フィンランドで4,500以上、日本では50会場以上、

現在ではすっかり定着した人気イベントです。

フィンランドが先駆けなんですね。

日本でも年々、規模が拡大しているイベントです。

参加するお店側も、お客さんも、どんどん増えているんですね。

(この津軽のイベントも去年→今年で参加店が約1.8倍

2倍になりそうな勢いですから、ものすごいですね)

みんなの関心の高さがわかります。

日本でも、以前『もったいない』という言葉が取り上げられてブームになったことがありますが、

昨今の『断捨離』『ミニマリスト』など、きっと感覚的にも日本人に合う、思想なんだと思います。

さて、この津軽版があるのですが、このビジュアル制作のご依頼を受けました。

 
ぼくら字と図の役目は、誰かが旗を掲げる時の、その旗に最適なビジュアルを提案し製作すること。

デザインの役割は多岐に渡りますが、このような役割が、その中でも多いお仕事(使命)です。

考えたコンセプトは、

・リサイクル=不要な自分の持ち物を、必要な誰かに渡すこと=身を軽くすることのリレー

・クリーニングデイ=身を軽くすることのリレーのお祭り
ビジュアルでは、裸婦が輪を次の人に渡しています。

背景のオレンジの絵は、アルファベットでCLEANING DAYになっています。

下部のQRコードのところは、切り取って持っていける仕様になっています。

これは、ある年代の人には、馴染みの深いデザインだと思います。バンドブームの時代の『メン募』ですね。



メン募』:メンバー募集。インターネットがなかった時代、手書きのチラシをコピーして『ドラムス募集!』などのメッセージと共に電話番号などの連絡先をつけて、ちぎって持っていってもらう手法があった。人気があるほどにこの箇所が引きちぎられ、ダイヤグラムのような指標にもなっていた。
 
 
第10回クリーニングデイ津軽 大沼公園
〈日時〉

8月25日(土)、26(日)
〈会場〉

五所川原市相内岩井81-1市浦大沼公園

悪天候時は大沼公園に隣接した

『市浦コミュニティーセンター』にて開催
コンセプトは「アップサイクル・マーケット」

「アップサイクル・マーケット」は、

1.古い不要なモノに新しい価値(ストーリー)をつける。

2.古い不要なモノを生まれ変わらせる。

…ことを目指しています。
なるべく新しいゴミを出さない運動展開中

マイバッグ推奨・家にある紙袋などを持ち寄って共有してご利用ください。
  フォローしていただけると、字と図ニュースをお届けできます