【じとずの視点02】UFOに遭遇したことがある〈実話〉


あれは確か小学6年生だったと思う。
埼玉県の日高県道を、わが家からセブンイレブンに向かう時だった。

jitozu_column_ufo_01

その当時は、まだセブンイレブンが文字通り午前7時から午後11時までの営業時間であったのだ。
わが家で遊んでいた友達が、『もうすぐ11時だからイレブン行こうぜ』と言った。

小学生であったにもかかわらず、ぼくたちは、自由に夜を徘徊していた。
お互いに祖父母に育てられていた家庭環境にあったから、その辺のガードが甘かったに違いない。

ぼくたちは、それぞれ自転車にのって、
ぼくが前を、友達がその後を、
つまり2台が縦に並んで、県道を走った。

時折、僕が後の友達に顔を向けながら、
耳にあたる風の音を聞きながら、大声で会話をしながら走った。

日頃、この県道は、薄暗い。
車の通りはあるものの、歩く人は、ほぼいなく、
たまに自転車に乗った大人とすれ違うほどだった。
その日も、いつもどおりだった。

イレブンまで、半分ほどのところで、
大きな光が、僕たちの後方から直進方向に向かって通り過ぎた。

それは、とてつもなく大きな光で、
ぼくらが空に顔を向けた時に見える視野よりも大きなものだった。

県道の脇に建ち並ぶ住居と電柱の影が、
自分たちの前方に堕ちたかと思うと、自分たちの足元をすべるように後に向かって通り過ぎて行った。

それはまるで、大きなサーチライトが、天井から照らして移動していくような光だった。
一度、昼が通り過ぎるような、明るすぎる光だった。そして、それは無音だった。

ちょうど後を向きながら会話していた僕らは、
すぐに前に向き直し、ただひたすらペダルをこいだ。
もちろん、会話はやめた。

それから、まもなく、イレブンに到着して、自転車にスタンドをかけて、降りた。
ぼくらには、間があった。

ぼくが、その間をやぶったのを憶えている。
『さっき、なんか上を通ったよね』

友達は言った。
『俺だけかと思った。よかった言ってくれて』

ぼくがしゃべらなければ、言わないつもりでいたらしい。
それぐらい、怖くて、不思議な体験だった。

イレブンの放つ光に、安堵に満ちたぼくらは、
イレブンの駐車場で、ざるそばを頬張った。