田舎の野菜は不格好で美味しそう


jitozu_inakanoyasai01

 

規格外の野菜

は農協さんに納品できない。

まさしくそんな野菜が『道の駅』にいくとゴロゴロとある。

 

すんごいでかかったり、
いわゆる

不格好な図体の野菜たち

が特に気にするわけでもなく、寝そべっている。

むしろ寛いでいるかのようだ。

jitozu_inakanoyasai02

下に敷いてある新聞の大きさに着目すれば、その大きさに驚くはず…
その様子はフィジーの

フィジアンのようだ。

ドデンとした巨体で、過剰なサービス精神は一切ない。

 

『いらっしゃいませ〜、デ◎ーズにようこそ〜(ニッコリ)』的なモノは微塵もなく

『注文は?コーヒーでいい?おし、んじゃ待ってろ(ブスリとしてる)』(おまけにコーヒーが出てくるのに30分くらいかかる)

 



jitozu_inakanoyasai03

よく見ると『きゅうり』って書いてある。ズッキーニかと思った。
どっちが『良い』か『悪い』かは別として、

『自然』か『不自然』か

というベクトルで考えると

田舎のソレは、肌にしっくりくる。

 

規格外の野菜、自分の目にはとても魅力的に映るのであったのでした。